データベース

MySQLなどが一般的で、データの集合体のことを指します。

phpやjava、cgiなどのプログラミング言語を使ってデータベースに対してリクエストを行い、そのレスポンスとして要求されたデータを引き渡すというのが一連の流れになります。

つまり、データベースだけではただのデータ保管庫であり、そこに対して必要なデータを要求するプログラムがあって始めて効果を発揮することになります。

ネットショップの場合は商品写真や商品詳細データなどを全てグループ分けして格納しており、ユーザーがその商品のデータを見ようとした場合に該当するデータを引き渡して表示させることになります。

言ってしまえば完全に裏方の役目ですが、これがなければ検索機能などを有するサイトを作るのは厳しいです。

ECサイト構築でseo対策よりも簡単に検索上位表示する方法

ECサイト構築しても、人がまったく来なければ意味がありません。ECサイトに人を呼び込むには、seo対策が欠かせませんが、seo対策にはとても時間がかかってしまいます。特に最近の検索エンジンは、かなり複雑なアルゴリズムで順位を決定しますから、そう簡単に上位表示はできなくなってきています。

しかし、一瞬で上位表示できる方法があります。それは、リスティング広告を利用することです。リスティング広告なら、お金さえ払えば即座に検索結果の片隅に自社ECサイトの広告を表示させることができます。まだECサイト構築したばかりで無名の時は、積極的に活用したい手法です。

ECサイト構築におけるseo対策の重要性について

seo対策を聞くと、自分のとこでも必要なのか考えてしまうものです。しかし、ECサイト構築した際にはあわせて行なっておくことをおすすめします。その理由としては、まず、サイトの構造が対策に影響を及ぼしてしまうということです。

ページによって対象となるキーワードが決まってくるのですが、ページの分け方が間違っているとキーワードを当てはめることができません。そして、対策を行う場合には、検索需要にあわせてタイトルやディスクリプションを自由にかえることができるようにしておくほうがよいです。それは最初のサイト構築の際に設定しておく必要があるのです。

seo対策を施したECサイト構築で検索順位アップ

ECサイト構築においては、外部からのアクセス、特に、検索サイトからの流入が鍵となります。検索流入を増加させるために重要なのは、キーワード検索において自分のサイトが上位に表示されることが重要。

検索順位が低いほど後ろのページに表示されますが、3ページ目以降になるとクリックされる可能性がほとんどなくなります。検索順位を上げるためには、サイトの品質を高めることも大事ですが、その他に、検索エンジンのクローラーが巡回しやすくなるように、seo対策を行って最適化することも大事です。このseo対策によってクローラーが各ページを巡回しやすくなると、サイトから多くの情報が収集され、上位表示につながります。

ECサイト構築のseo対策で一番にやるべきこと

ECサイト構築に限らずサイト作りでまず考えなければならないのは、モバイルファーストと呼ばれるスマートフォンサイトを最優先に考えたサイト構築です。PCサイトのデザインも大切ですが、今ではスマートフォンから商品を購入する消費者の方が多く、この流れは今後も増加傾向にあります。

そこでECサイト構築のseo対策を考えていく場合、スマートフォンに表示されるデザインを考えることが大切です。また表示スピードも忘れてはいけません。画像圧縮やCSSの簡略化などの施策によってサイト表示のスピードアップが可能になります。PCサイトに労力を注ぎがちですがスマートフォンサイトにこそ注力すべきなのです。

seoに関連するキーワード