デッドリンク

いわゆる「リンク切れ」のことを指します。

リンクが切れている、繋がっていないということは、そのページを検索クローラーは認識することができません。
リンクを辿って移動するクローラーにとっては、そのページへのリンクがない以上当然のことです。

そうするとインデックスされるページの数が減ってしまい、そのページ自体も検索結果に表示される、ロボットだけでなくユーザーにとってもそのページを閲覧することができないという致命的な状況になってしまいます。

リンクをする際には絶対にデッドリンクがないよう、リンクの更新や追加の場合にも慎重に作業するようにしましょう。

リンク切れを確認するツールなどもありますので、それを使って自分の運営するサイトにリンク切れがないか一括でチェックしてしまうというのも方法の一つです。

ECサイト構築を目指す時のseo対策はどのような感じか

現在、ECサイトと呼ばれるネットショップが数多くインターネット上に存在しています。そんな状況の中でECサイト構築を目指すならそれなりの対策が必要になります。特にseo対策は重要な位置を占めています。

seo対策というのはキーワードを検索した時に自分のページがより上位に食い込むようにすることを表しています。多くの場合、検索されやすいキーワードを大量に盛り込みます。ただし、単語を盛り込むだけでは大手のECサイトに客足が伸びてしまいます。ですので、なるべくより長いキーワードを対象にすることで新しく作ったサイトでも上位に浮上しやすくなります。

seo対策を考えたうえでECサイト構築をする

インターネット上にECサイト構築を行いたいと考えて、公開しても思ったように認知されないことが多くあります。基本的にサイトを探す場合は検索エンジンを利用することになります。このような検索エンジンにキーワードなどでひっかかる必要があり、それも上位に表示されなければアクセスされないことになります。

これをseo対策といいますが、検索エンジンのできるだけ上位に表示されるように最適化するということです。最近はアクセス数ということだけでなく、そのサイトに長い時間滞在したかなど、良いコンテンツであるということが条件になってきているのです。

ECサイト構築に役に立つさまざまなseo対策

現在は知識さえあれば誰でもホームページを作ることができます。ECサイト構築もコツさえ掴めば、さほど難しいものではなくなりました。しかし、いろいろな人に見てもらうためにはそれなりの工夫が必要です。

以前ならばよく検索されるキーワードをとにかく大量に組み込めば、検索結果上に優先的に表示されましたが、今はそうはいきません。アルゴリズムがより高性能になったため、単純な話ではなくなりました。

seo対策として今求められているのはいかに違和感のないホームページに仕上げるかです。検索されやすいキーワードをうまくページ内に組み込んでいくテクニックが必要になります。

ECサイト構築に便利なseo対策を実践しよう

seo対策は、検索エンジンの検索順位をユーザーから最適化することによって、検索窓から多くのユーザーを誘致する手段のことを意味します。普通にサイトを構築してそのままWEBに公開したとしても、そのサイトにユーザーはやってきてくれません。

これは、検索エンジンが膨大なWEB上に存在するサイトをそれぞれ評価して順位付けしているからです。高い評価を受けないと検索エンジンの上位には掲載されないので、seo対策を行うことで検索エンジンに良い影響を与えることが大切になります。ECサイト構築には必須の対策であるため、覚えておくことです。

seoに関連するキーワード