マイクロスコープ

他の商品の取り扱いは行わずに、マイクロスコープのみを専門的に取り扱っている会社などでは、非常にたくさんの品数を販売している事もあります。

似ているマイクロスコープが多く並んでいると、どれを買えばいいのかわからなくなってしまう事もあると思います。そんな時には、ぜひ会社の人に用途などをしっかりと伝えて、どのマイクロスコープが適しているのかを確かめる様にしたいですね。

不安が残るまま、マイクロスコープを購入すると、思い通りに利用できなかったりする事もあるかと思います。一度にたくさんのマイクロスコープを導入する場合には、なおさら購入には慎重になってよく考える様にしたいですね。

マイクロスコープに付属するソフト

観察可能な倍率が数十倍~数百倍程度と非常に高い事に加えてテレビやパソコンに繋げる事で拡大画像を表示する事が出来る為に通常の実体顕微鏡とは違い、複数人での観察が可能となっているマイクロスコープ。

このマイクロスコープを利用する為には付属のソフトを予めインストールする必要がある物となっているのですが、実はこのソフトには画像撮影機能を始めとして自動撮影機能やシャッタースピード調整機能、スケール表示機能、撮影した画像を計測する機能といった様々な機能が組み込まれている為、これ等の機能によってマイクロスコープでの調査をより深く行える物となっています。

パソコンとつながるマイクロスコープ

マイクロスコープ、いわゆる顕微鏡です。 細かなものを拡大してみることができます。 光学式だった時代は個人が観察するのに使っていましたが、デジタル化が進み、今ではパソコンへの取り込みも可能になっています。

取り込んだ画像はそのまま編集することもできますし、SNSなどにアップすることも可能です。 今までのように画像を取り込みための苦労がなくなりました。 マイクロスコープを使ってみたものが、簡単に観察結果として利用可能になります。

また、取り込んだ画像はハードディスクに簡単に保存することができます。 パソコンにつながることで自由度が広がりました。

顕微鏡とマイクロスコープの比較事項

顕微鏡の性能と比べられがちなマイクロスコープは、医療や科学など、肉眼で確認することが困難なものが多く扱われている現場に置いて欠かせないものとして導入されています。モニター画面に観察対象の物を映し出して利用することが可能であり、複数の方による情報共有やサンプルの比較にも大いに役立てられています。

また、持ち運び可能なハンディタイプのカメラによって、観察物の大きさや形状に関係なく利用することができます。観察物をステージに乗せる必要がある顕微鏡よりも幅広く活用させられるとして、利便性の高い点も特徴的です。

歯科用マイクロスコープについて

歯科用マイクロスコープは、脳神経外科や眼科などの手術で使用されている、顕微鏡を歯科用に開発したものです。肉眼では確認することが出来ない、血管や神経などを確認する為に使用します。

歯科医も神経や虫歯治療では、肉眼で確認することが困難な治療が多い為、歯科用マイクロスコープを使用し、超精密に治療を行うようになりました、スコープの普及率は、まだ5パーセントととても低く、一般的な治療法と言えませんが、根管治療や自費治療を行うような高度な歯科医院では、導入が進んでいる製品です。20倍まで拡大することが出来ますし、光が深いところまで届く為、今までと次元の違う治療が出来ます。

マイクロスコープで治療前後の写真を保存していくことが出来ます

写真やビデオを撮影することが出来る、マイクロスコープが多く、歯の治療前と治療後を確認することが出来ます。どのような状態から、どのような状態まで回復したか、治療途中なども記録として残しておくことが出来ます。

写真を見ながら患者に説明することが出来るので、患者も現状を把握しやすくなりますし、専門用語を使わずに説明することが出来るので、歯科医院もとても使いやすく好評です。歯の寿命をどのようにしたら伸ばすことが出来るのかも、経過を見ながら説明することが出来るのでとても便利で、多くの歯科医院が導入を検討しています。

マイクロスコープを送付する時の梱包

マイクロスコープを国内でも輸送する時には、そのまま送ることができません。なぜかというと、そのまま送るとトラックの中で他の製品とぶつかって壊れてしまう可能性があるためです。

特に他の機械よりも精密さが重視されるマイクロスコープですので、多少の打撃も大きな衝撃になってしまいます。どのような梱包が一番いいのでしょうか?国内の輸送でしたら、使用してはいけない素材というものはほとんどありません。そのため、サイズに合った木の枠を作る、もしくは段ボールの箱を作るというのが現実的でしょう。(中国などの場合、生木の使用ができないところがある)

マイクロスコープについて